MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
7月 26日 ソウル 29.2℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
法院「日本に訴訟費用の強制執行不可」...慰安婦被害者の抗告を棄却
記事入力 2021-06-18 17:11 | 記事修正 2021-06-22 15:25:34
日本を相手に提起した損害賠償請求訴訟で勝訴した慰安婦被害者のハルモニたちが、「訴訟費用を日本に請求することはできない」という裁判所の決定を不服として抗告したが、受け入れられなかった。

ソウル中央地裁民事合意34部(部長判事キム・ヤンホ)は18日、故ペ・チュンヒ氏などの慰安婦被害者12人が出した国庫の相手方に対する取り立て決定に対する抗告を却下した。却下は訴訟要件が満たされない場合、事案を審理せずに仕上げる決定をいう。裁判所は「民事訴訟法第133条及び第444条による即時抗告期間が過ぎたことが明らかなので、これを却下する」と明らかにした。

この事件の慰安婦被害者たちは、日本を相手にした損害賠償訴訟の1審では1月に勝訴した。ソウル中央地裁民事合意34部(当時部長判事キム・ジョンゴン)は、「日本政府は原告1人当たり1億ウォンずつ賠償し、訴訟費用も負担するように」と判決した。しかし裁判所の定期人事で裁判長が変わり、「訴訟費用を日本から取り立てることはできない」という決定が出た。

裁判所は去る3月、「日本国と大韓民国との間で締結された韓日請求権協定、慰安婦合意などに禁反言の原則を加えてみると、取り立ての決定は国際法違反という結果を招くことがある」とし、訴訟費用を日本から強制執行することはできないと判断した。裁判所の回収不可の決定は3月29日送達されたし、抗告状は14日に裁判所に提出された。民事訴訟法第444条によると、即時抗告は裁判が告知された日から一週間以内に行なわなければならない。

[ホン・ヘジン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

법원 "日에 소송비용 강제집행 안돼"…위안부 피해자 항고 기각


일본을 상대로 제기한 손해배상 청구 소송에서 승소한 위안부 피해자 할머니들이 "소송 비용을 일본에 청구할 수 없다"는 법원 결정에 불복해 항고했지만 받아들여지지 않았다.서울중앙지법 민사합의34부(부장판사 김양호)는 고 배춘희 할머니 등 위안부 피해자 12명이 낸 국고의 상대방에 대한 추심 결정에 대한 항고를 18일 각하했다. 각하는 소송 요건이 충족되지 않으면 사안을 심리하지 않고 마무리하는 결정을 말한다. 재판부는 "민사소송법 제133조와 제444조에 의한 즉시항고 기간이 지났음이 명백하므로 이를 각하한다"고 밝혔다.이 사건 위안부 피해자들은 일본을 상대로 한 손해..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース