MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
9月 22日 ソウル 29.2℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
ボストンダイナミクス「現代自動車と自律走行・物流で協働」
記事入力 2021-09-10 17:33 | 記事修正 2021-09-14 16:15:19

10日、ロボット企業のボストンダイナミクスのロバート・プレイター最高経営責任者(左)とアーロン・サンダース最高技術責任者がオンラインで行われた同社の紹介イベントで、代表製品であるロボットの「スポット」をデモしている。 [写真提供=現代自動車グループ]

今年の現代自動車グループの買収・合併(M&A)の中で最大の成果は、やはり米Boston Dynamics(ボストンダイナミクス)の買収をあげることができる。 1992年に米国マサチューセッツ工科大学(MIT)の先任研究員であるマーク・レイバート氏が学内で分社し企業として設立したロボットメーカーで、20年近い研究開発(R&D)の末に昨年6月に4足歩行ロボット「Spot(スポット)」を出荷した。続いて研究用ヒューマノイド(人間型)ロボット「Atlas(アトラス)」を開発し、重い箱をどんどん運ぶ協同物流ロボット「Stretch(ストレッチ)」まで製作して来年に正式出荷する。

現代自動車グループの胸に抱かれたボストンダイナミクスのロバート・プレイター最高経営責任者(CEO)とアーロン・サンダース最高技術責任者(CTO)は国内メディアと初めて接した。二人は10日に開かれたオンライン懇談会で、現代自動車グループとのコラボレーションについて「自律走行車、建設、物流などの幅広い分野で成果が出るだろう」と自信を見せた。

現代自動車グループとボストンダイナミクスの共通点については、「スマートモビリティ(スマート移動手段)を開発することにある」とした。この日の懇談会には登場しなかったが、プレイターCEOとサンダースCTOの師匠であるボストンダイナミクスのマーク・レイバート創業者兼会長は来る14日、毎経メディアグループが主催する世界知識フォーラムに参加して「現実世界のためのロボット」をテーマに講演を繰り広げる。

ボストンダイナミクスのロボット3種の説明と、同社の未来をCEOおよびCTOとの問答で解いてみた。

- スポットは有名だがストレッチはまだ

△ 今年3月に開発を完了したロボットで、来年に正式に出荷する。最高で50ポンド(約23キログラム)ほどの重い箱を、1時間に800個ずつ移すことができる頑丈な片腕のロボットだ。下には車輪が付いており、箱を持って迅速に移動することができる。現は毎年5000億個の箱が人の手によって動く。この過程で箱の重量のために、作業者が怪我をするのが常だ。ストレッチはこれを大幅に防ぐ。

- グーグル(2013年)とソフトバンク(2018年)を経て、現代自動車グループ(2021年)の胸に抱かれた

△ 現代自動車グループはいわゆる車だけでなく、都心航空交通(UAM)やロボットなどを開発する。これらは最終的に人や物の効果的かつ安全な移動に目的を置く。現代自動車が開発している自律走行車を見てください。数多くのセンサーが付いて、周辺の物を認知する。私たちが作ったロボットの「スポット」も、胴体の前後左右のすべてにカメラとセンサーをつけている。現代自動車の電気自動車は、バッテリーで走る。私たちのロボットもバッテリーを基盤にする。けっきょく現代自動車とボストン・ダイナミクスは「スマートモビリティ」に向かって進んという事実を共通分母にしている。両社は人材も互いに活発に交流する。

- テスラもロボットの発表を公言した。

△ 私たちの人間型ロボット「アトラス」は商用化計画はまだない。ロボットソフトウェア研究用にのみ活用されているが、いつかは出荷する。このロボットは28の油圧関節を持っており、人のように歩いて走って、後方宙返りまですることができる。他のロボットメーカーが容易に真似できない点だ。私たちは人の手のように動くことができる、はるかに精巧なロボットの開発にも力を集中している。

[ソ・ジヌ記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

보스턴다이내믹스 "현대차와 자율주행·물류 협업"

플레이터 CEO·사운더스 CTO, 한국언론과 온라인 첫 간담회

물류로봇 `스트레치` 내년 출시
시간당 박스 800개 척척 옮겨

창업자 겸 회장 마크 레이버트
14일 세계지식포럼 강연 예정


올해 현대자동차그룹의 인수·합병(M&A) 가운데 가장 큰 성과는 역시 보스턴다이내믹스를 꼽을 수 있다. 1992년 미국 매사추세츠공대(MIT) 선임연구원인 마크 레이버트가 학내 분사 기업으로 세운 로봇업체로 20년 가까운 연구개발(R&D) 끝에 지난해 6월 4족 보행 로봇개 `스팟`을 출시했다. 이어 연구용 휴머노이드(인간형) 로봇 `아틀라스`를 개발했고 무거운 상자를 척척 옮기는 협동 물류 로봇 `스트레치`까지 만들어 내년에 정식 출시한다.현대차그룹 품에 안긴 보스턴다이내믹스의 로버트 플레이터 최고경영자(CEO)와 애론 사운더스 최고기술책임자(CTO)가 국내 언론과 처음으로 만..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース