MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
5月 18日 ソウル 18.3℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
韓国精油4社、過去最高の営業利益を記録 SKイノベーションが1位
記事入力 2022-05-10 17:25 | 記事修正 2022-05-13 11:15:59
国内精油4社(SKイノベーション・エスオイル・GSカルテックス・現代オイルバンク)が一斉に四半期基準で過去最高規模の営業利益を上げた。

地政学的危機と供給網不安の中でむしろ石油需要が増加すると精油会社は精製設備の稼動率を最大限引き上げ利益を極大化したわけだ。

10日、製油業界によるとSKイノベーションは今年第1四半期に営業利益1兆6491億ウォンを記録し製油会社4社の中で最も多くの金を稼いだ。これは前年同期比182.2%増えたもので四半期別に見ると最高の営業利益に当たる。

他の製油会社も「過去最高の実績」を達成した。エスオイルの第1四半期の営業利益は1兆3320億ウォンで前年同期比111.7%増加した。現代オイルバンクも営業利益7045億ウォンで70.7%増えた。10日、業績を公示したGSカルテックスも同様に営業利益1兆812億ウォンを記録し四半期最高の業績を記録した。

ロシアのウクライナ侵攻による国際原油価格の上昇がかえって機会になったのだ。今年第1四半期のドバイ原油の平均価格は1バレル=96.2ドルで前年同期比60.3%上昇した。同期間、シンガポールの複合精製マージンは1バレル当たり平均1.8ドルから8ドルへと4倍以上跳ね上がった。精製マージンはガソリン·軽油など石油製品価格から生産・運送費などを除いた値で、業界では4~5ドルを損益分岐点と見ている。

国内最大の精油会社であるSKイノベーションは先月第1四半期の業績発表で原油精製設備(CDU)の稼働率を95%以上に引き上げており第2四半期もこのような水準を維持すると明らかにした。コロナ19事態以前の2019年第1四半期以降、最も高い水準だ。

韓国の石油協会によると精油4社の中ではSKイノベーションが1日間、原油121万5000バレルを精製し生産規模が最も大きい。続いてGSカルテックス(80万バレル)、エスオイル(66万9000バレル)、現代オイルバンク(52万バレル) の順となる。

[イ・ジュクボク記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

`실적 축포` 정유4사…SK이노 이익 1위

3곳 영업익 1조원 이상 달성


국내 정유 4사(SK이노베이션·에쓰오일·GS칼텍스·현대오일뱅크)가 일제히 분기 기준으로 역대 최대 규모의 영업이익을 거뒀다.지정학적 위기와 공급망 불안 속에 오히려 석유 수요가 증가하자 정유사들은 정제설비 가동률을 최대한 끌어올려 이익을 극대화한 셈이다. 10일 정유업계에 따르면 SK이노베이션은 올해 1분기에 영업이익 1조6491억원을 기록하며 정유 4사 중 가장 많은 돈을 벌어들였다. 이는 전년 동기 대비 182.2% 늘어난 것으로 분기별로 볼 때 최대 영업이익에 해당한다.다른 정유업체도 `역대급 실적`을 달성했다. 에쓰오일의 1분기 영업이익은 1조3320억원으로 전년 동..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース