MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 04日 ソウル 0.7℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
韓国政府「脱原発政策を廃棄、8年後には原発の割合を33%に高める」
記事入力 2022-08-30 17:38 | 記事修正 2022-08-31 17:34:14

古里原発1、2号機[毎日経済DB]

韓国政府が2030年までに原子力発電の割合を33%まで拡大するという計画を立てた。新再生可能エネルギー(太陽光・風力など)の割合を大幅に増やす代わりに、原発の割合を減らした文在寅(ムン・ジェイン)政府の電源構成(エネルギーミックス)を完全に覆したものだ。事実上「脱原発」廃棄の手順を踏むための下絵が出てきたことになる。

産業通商資源部は30日、このような内容を盛り込んだ「第10次電力需給基本計画(電基本)」実務案を電基本諮問機構である総括分科委員会で用意したと明らかにした。電気本は電気事業法に基づき、電力需給安定のため電力需要を予測し、これに合わせて電力設備と電源構成を設計する中長期(15年)計画だ。

総括分科委員会は、最大電力需要が今年から年平均1.4%増加し2036年には117.3ギガワット(GW)に達するものと予想した。2036年の目標設備容量は143.1ギガワットと推算し、実際の建設現況などを勘案した確定設備容量は142.0ギガワットと予想した。確定設備容量には原発12基の継続運転と竣工予定の新ハンウル1~4号機および新古里(シンゴリ)5・6号機など6基の稼動状況が反映された。これとは異なり石炭には石炭発電削減基調を維持し稼動後30年が到来する26基が廃棄される点を反映した。液化天然ガス(LNG)には廃棄される石炭発電26基のLNG転換と新規5基予定設備を盛り込んだ。

このため、2030年のエネルギーミックスも大きく変わる。原発の割合は32.8%(201.7テラワット時・TWh)まで増える。続いて新再生可能エネルギー21.5%、石炭21.2%、LNG20.9%の順だ。2020年末に発表した「第9次電基本」と比べて原発は7.8%ポイント、新再生可能エネルギーは0.7%ポイント上昇した。一方、LNGと石炭はそれぞれ2.4%ポイントと8.7%ポイント低くなった。昨年10月に確定した「2030年国家温室効果ガス削減目標(NDC)上方修正案」と比較すると、原発は8.9%ポイント高く再生可能エネルギーは8.7%ポイント低い。

[ソン・グァンソプ記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

尹정부 `脫탈원전 밑그림` 나왔다…"8년 후 원전 비중 33%로 높일 것"

10차 전력수급계획 초안 공개

석탄감축 기조는 그대로 유지


정부가 2030년까지 원자력발전 비중을 33%까지 확대한다는 계획을 내놨다. 신재생에너지(태양광·풍력 등) 비중을 대폭 늘리는 대신 원전 비중을 줄인 문재인 정부의 전원 구성(에너지믹스)을 완전히 뒤집은 것이다. 사실상 `탈원전` 폐기 수순을 밟기 위한 밑그림이 나온 셈이다.산업통상자원부는 30일 이러한 내용을 담은 `제10차 전력수급기본계획(전기본)` 실무안을 전기본 자문기구인 총괄분과위원회에서 마련했다고 밝혔다. 전기본은 전기사업법에 따라 전력 수급 안정을 위해 전력 수요를 예측하고, 이에 맞춰 전력 설비와 전원 구성을 설계하는 중장기(15년) 계획이다. 총괄분과..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース