MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 04日 ソウル -0.2℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
韓国初の書店内スターバックス 光化門教保文庫店オープン
記事入力 2022-09-01 16:34 | 記事修正 2022-09-02 16:47:53

ソウル鍾路区(チョンノグ)の教保文庫光化門(クァンファムン)店内部に先月31日に新しくオープンしたスターバックス光化門教保文庫店。韓国で書店内にスターバックスが出来たのは今回が初めてだ。 [ソン・ギョンウン記者]

先月31日、ソウル鍾路区の教保文庫光化門店。階段を降りて書店の中に入ると濃いコーヒーの香りとともにコーヒーを淹れる機械の音が聞こえてきた。同日、新たにオープンしたスターバックス光化門教保文庫店だった。店内ではコーヒーを飲みながら静かに座って本を読む人が多かった。韓国でスターバックスが書店内に出来たのは今回が初めてだ。

店舗は1つの小さな図書館のようだった。あちこちに取り付けられた大きな本棚には数多くの本が差し込まれていた。教保文庫と出版社などが廃棄しようとした本を集めて空間を作ったのだ。

スターバックスの関係者は「毎月、スターバックスが定める主題に合わせて教保文庫で推薦図書を選定しキュレーションする協業空間」とし「該当図書は店舗内で自由に閲覧が可能だ」と説明した。9月の推薦図書は秋に読みやすい本として『今日も好みを料理します』、『死は最小限に考えなさい』、『見知らぬ人に話しかける』などが挙げられた。

スターバックス光化門教保文庫店の注文台前に作られたキュレーションスペース。毎月テーマを決めて推薦図書を披露する。[ソン・ギョンウン記者]

店舗の片隅にある作家の机も目を引いた。特定の作家を周期的に選定し該当作家の感情と考えを感じられるように作った空間だ。机の上には作家の写真と関連図書、作家のストーリーなどがあり、これを通じて訪問客が感じた感情や考えを書くことのできる鑑賞ノートも見えた。

スターバックス光化門教保文庫店の内部。書店などで捨てられる本をインテリア小物として活用し大型の本棚で空間の区画を分けた。 [ソン・ギョンウン記者]


[ソン・ギョンウン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

서점 안에 들어선 스타벅스…광화문 교보문고에 첫 협업 공간

북카페 콘셉트의 색다른 매장
매달 추천도서 공동 큐레이션
감상노트 공간 `작가의 책상`도


지난달 31일 서울 종로구 교보문고 광화문점. 계단을 따라 내려가 서점 안쪽으로 들어가자 진한 커피 향과 함께 커피를 내리는 기계 소리가 들려 왔다. 이날 새롭게 문을 연 스타벅스 광화문교보문고점이었다. 매장 안에는 커피를 마시며 조용히 앉아 책을 읽는 사람들이 많았다. 현재 국내에서 서점 안에 들어선 스타벅스 매장은 광화문교보문고점이 유일하다.매장은 하나의 작은 도서관 같았다. 곳곳에 세워진 커다란 책장에는 수많은 책이 꽂혀 있었다. 교보문고와 출판사 등이 폐기하려던 책을 모아 공간을 꾸민 것이다. 매장 앞 중앙에는 "이달의 주제는 `가을이 오면`입니다"라는 ..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース