MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 04日 ソウル -0.2℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
韓国、新型コロナ規制暖和後も就職難に苦しむ若者たち
記事入力 2022-09-25 17:48 | 記事修正 2022-09-26 17:59:48
若者たちの就職難がなかなか改善の兆しを見せない中、ニート族とNジョブラー(2つ以上の職業に従事する人)が共に増加している。

まず職業訓練も受けず給食活動も断念したニート族が急増しており赤信号が灯った。ニート(NEET)族は仕事をせず、仕事をする意志もない若者の無職者を意味するが、求職を最初からあきらめ求職活動もしないという点で仕事をする意志はあるが働き口を見つけられない失業者と区分される。

25日、統計庁資料によれば先月、20代の非経済活動人口のうち、職業訓練や求職活動をせずに「休んだ」と答えた回答者は35万6000人だった。2016年8月(23万1000人)に比べ6年間で12万5000人(54.1%)も急増した。2018年(28万7000人)に比べても大幅に増えた。2020年に新型コロナウイルス事態による「ソーシャルディスタンス」で雇用が大きく悪化すると、多くの若者が求職を断念し一時、ニート族が43万7000人まで急騰したが、ソーシャルディスタンスが解除された後にも依然としてニート族の割合が目立つ。

ニート族とは違って会社に通っていても物価高で生活が厳しくなると副業を始める若者も急増している。会社勤めをする若者の間でも劣悪な勤労条件での「ツージョブ」や「スリージョブ」が日常化している。統計庁によれば今年5月基準で15~29才の就業者のうち、副業を持つ人は63万人と集計された。2016年5月(44万5000人)に比べると18万5000人(41.5%)増えた。

[ムン・ガヨン記者/パク・ナウン記者/パク・ホンジュ記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

"그냥 쉬거나 쪼개기 알바"…코로나 풀려도 구직난 허덕이는 청년들

일할 의지조차 없는 `니트족`
6년새 54% 폭증해 35만6천명
부모나 정부 지원금으로 버텨

직장 다녀도 생활비 쪼들려
투잡 뛰는 청년도 18만명 급증

"규제 풀어 좋은 일자리 늘려야"


# 지방 국립대를 졸업한 이 모씨(30)는 3년 동안 근무했던 리조트 기업을 지난해 퇴사한 뒤 부모님과 함께 살고 있다. 고객을 응대하는 일을 오랫동안 하다 보니 스트레스가 많이 쌓여 건강이 나빠졌기 때문이다. 이씨는 퇴사한 뒤 주로 컴퓨터 게임을 하면서 시간을 보내고 있다. 그는 "자격증을 따 볼까 생각했지만 그렇다고 해도 예전 직장보다 조건이 좋은 곳은 없을 것 같다"며 "당분간 부모님과 함께 지내려고 한다"고 말했다.# 서울 서대문구에 거주하는 직장인 서 모씨(27)는 퇴근하고 집에 돌아오면 2~3시간씩 자전거를 타면서 배달라이더로 일하고 있다. 올해 들어 음식 가격이..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース