MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
4月 15日 ソウル 11.9℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
開幕から李大浩・秋信守の正面勝負...楽しみなKリーグ
記事入力 2021-04-01 17:00 | 記事修正 2021-04-05 15:52:00

李大浩、秋信守、梁義智

国内プロ野球シーズンがいよいよ始まった。大物選手らの移籍と新しいチームの創立、メジャーリーグから秋信守(チュ・シンス)の国内デビューなど、大きな変化が昨年の冬のあいだ続いてきただけに、今季の球団順位の予測はこれまで以上に難しいという評価だ。

プロ野球10球団は3日、2021 KBOレギュラーシーズン開幕戦を行う。サムスン・ライオンズとキウム・ヒーローズ(高尺)、LGツインズとNCダイノス(昌原)、ハンファ・イーグルスとktウィズ(水原)、KIAタイガーズと斗山ベアーズ(蚕室)、SSGランダースとロッテ・ジャイアンツ(社稷)が週末に2連戦をくり広げ、首都圏は競技場最大収容人員の10%、非首都圏は30%以内の観客入場が許可される。

シーズン開幕にあたって必ず経ることは、各チームの戦力をもとにしたシーズンランクの予測だ。今年の場合、どのチームがどのような順位にあってもおかしくないほど期待されるシーズンだ。

専門家らが初戦にあげるチームはNCダイノスだ。昨年、正規リーグ1位、韓国シリーズ優勝の戦力がそのまま残っている。パク・ミヌ選手、ヤン・ウィジ選手、羅成範(ナ・ソンボム)選手、アーロン・アルテール選手など、すでに検証を終えたラインナップが維持されており、マウンドにはドリュー・ルチンスキー選手が残っている。唯一の不安要素は若いエースの具昌模(ク・チャンモ)選手の健康だ。昨年は前半に突風を起こしたク・チャンモは、その後は負傷でシーズンの半分近くを逃し、今季の序盤も出場は難しい。

確実なNCダイノスの次のチームをあげるのは難しい。ここ数年間は上位圏に張り付いていた斗山とキウム、昨年シーズン2位だったktの戦力がやや弱まったからだ。斗山はストーブリーグで呉在一(オ・ジェイル)選手(サムスン)と崔周煥(チェ・ジュファン)選手(SSG)を失った。新たに選んだ二人の外国人先発投手が活躍しても、経験豊富なベテラン中長距離打者の二人の空席は大きく見える。

ktとキウムには代替不可能な資源が一つずつ離れた。メル・ロハス・ジュニア選手(阪神タイガース)と金河成(キム・ハソン)選手(サンディエゴ・パドレス)は、昨シーズンの代替選手に比べて勝利貢献度(WAR)がそれぞれ7.80と6.87で、全体で1・2位を記録した重要な戦力だった。キウムのキム・ハソンの空いた席に取り替えられた選手がリーグ平均レベルであれば、昨年にキウムが記録した80勝73勝になる。 6位のKIAと同じ勝数だ。

一方、チームのフランチャイズスターのリュ・ジヒョン監督が赴任した昨年4位のLGの場合、戦力に大きな変化はなく、今年も上位チームに指摘されている。新たに創設されたSSGは、野球ファンの注目が最も集まるチームだ。チュ・シンス選手とチェ・ジュファン選手が合流し、強力な上位打線を構築した。球団オーナーの鄭溶鎭(チョン・ヨンヂン)新世界グループ副会長がチームの創立式で「144試合以上を闘うだろう」と秋の野球に対する自信を表出した。特に週末のロッテとの開幕2連戦は「流通ライバル対戦」「1982年生まれ(チュ・シンスと李大浩)の対決」で関心が集中しているシリーズだ。

選手・コーチ・監督までさっと変えたハンファ・イーグルスは、体質改善効果を証明するシーズンになる予定だ。打者の打球の質と方向によって極端な守備シフトを示したカルロス・スベロ監督は、データを信じる野球でオープン戦7試合で6勝をおさめた。ハンファは1日「これが我々が進むべき道」だという新しい球団スローガンを掲げた。

今季にはKBOの歴史に残る大記録2つ再び書き変わる予定だ。呉昇桓(オ・スンファン)選手(サムスン)は5セーブを追加するならば、KBO初の300セーブを達成することになる。米国・日本への進出で6シーズンを離れていたことを考慮すると、記録の価値はさらに輝く。チョン・ウラム(ハンファ)はKBO投手最多出場記録に挑戦する鉄人だ。昨年まで879試合に出場したし、さらに23試合に」出場すると通算1位の柳澤鉉(リュ・テクヒョン)選手(もとLGツインズ・901試合)を抜いて1位となる。姜白虎(カン・ペクホ)選手(kt)はオープン戦で打率6割(本塁打2本)を記録し、今季再び成長を予告している。昨年、高卒の新人で突風を起こしたソ・ヒョンジュン選手(kt)は開幕戦の先発に指名された。

[イ・ヨンゴン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

개막부터 이대호·추신수 맞짱…반갑다! 프로야구

144경기 프로야구 3일 개막

전력손실 없는 NC 첫손가락
새 감독 LG도 상위권 예상

두산·키움 등 기존 강자들
핵심선수 이탈로 전력 약화

SSG, 플레이오프 자신
싹 바꾼 한화, 시범경기 1위
역대급 중위권 싸움 예상돼


국내 프로야구 시즌이 드디어 돌아왔다. 대형 선수들의 이적과 새로운 팀 창단, 메이저리그 추신수의 국내 데뷔 등 굵직한 변화들이 지난겨울 내내 이어져왔던 만큼 올 시즌 구단 순위 예측은 어느 때보다 어렵다는 평가다.프로야구 10개 구단은 3일 2021 KBO 정규시즌 개막전을 치른다. 삼성 라이온즈와 키움 히어로즈(고척), LG 트윈스와 NC 다이노스(창원), 한화 이글스와 kt wiz(수원), KIA 타이거즈와 두산 베어스(잠실), SSG 랜더스와 롯데 자이언츠(사직)가 주말 2연전을 펼치며 수도권은 경기장 최대 수용인원의 10%, 비수도권은 30% 이내로 관중 입장이 허용된다.시즌 개막 즈음..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース