MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
8月 13日 ソウル 26.3℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
日本が隔てた昌慶宮と宗廟、90年ぶりにつながる ソウル市の復元事業完工
記事入力 2022-07-20 12:11 | 記事修正 2022-07-22 11:50:08

栗谷路(ユルゴクロ)の地下化および昌慶宮(チャンギョングン)・宗廟歴史復元事業 [写真 ソウル市]

昌慶宮と宗廟が90年ぶりに昔の姿を取り戻す。

ソウル市は20日「昌慶宮-宗廟連結歴史復元事業」を終え、22日か宮殿の塀の道などを開放すると発表した。

宗廟は韓国で初めてユネスコ世界文化遺産に登録された朝鮮時代の王家の祠堂だ。日本による植民地時代以前までは昌慶宮と塀を挟んで1つの森としてつながっていたが、1932年に日帝が栗谷路(当時の宗廟貫通道路)を開通させ昌慶宮と宗廟が物理的に分離された。王が非公式に宗廟を訪問する際に利用した「北神門」も消えた。

ソウル市は2011年、昌慶宮と宗廟間の緑地復元事業を開始し、12年ぶりに完工した。昌慶宮と宗廟を隔てていた栗谷路は地下化され、その上にはサッカー場より広い8000平方メートルの広さの緑地が設けられた。長さ500メートルの宮殿の塀と北神門も原型のまま復元された。特に宮殿の塀は工事中に発掘された昔の宗廟の塀の石材と基礎石を30%以上再利用して建てられた。

今回の工事では敦化門から遠南洞(ウォンナムドン)交差点を結ぶ340メートルの長さの「宮廷塀の道」も新たに造成された。階段と段差がなく高齢者・妊婦・障害者など歩行弱者の歩行にも支障がないというのがソウル市の説明だ。

宮殿の塀とともに消えていた北神門も復元された。ただし、当分の間は宮殿の塀の道から宗廟、昌慶宮に出入りすることは不可能だ。 ソウル市は文化財庁との協議を通じて双方の通行が可能になるように計画中だと明らかにした。

[パク・ジェワン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

일제가 갈라놓은 창경궁-종묘 사잇길, 90년 만에 연결


창경궁과 종묘가 90년만에 옛 모습을 되찾는다. 창경궁과 종묘를 둘로 가르고 있던 율곡로는 지하화하고 8000㎡의 녹지가 들어섰다. 궁궐 담장과 북신문도 원형 그대로 복원됐다.서울시는 `창경궁-종묘 연결 역사복원사업`을 마치고 22일부터 담장·녹지·궁궐담장길을 개방한다고 20일 밝혔다.종묘는 국내 최초로 유네스코 세계문화유산에 등재된 조선시대 왕가의 사당이다. 일제강점기 이전까지는 창경궁과 담장을 사이에 두고 하나의숲으로 이어져 있었지만, 1932년 일제가 율곡로(당시 종묘관통도로)를 개설하면서 창경궁과 종묘가 물리적으로 분리됐다. 임금이 비공식적으로 종묘를 방..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース