MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
4月 15日 ソウル 10.9℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
コーロンとSK「生分解性プラスチック」製造で提携
記事入力 2021-04-07 17:11 | 記事修正 2021-04-09 15:07:17
コーロンインダストリーとSK総合化学は、独自技術を活用した生分解される親環境(環境にやさしい)プラスチック製品を、早ければ今年の第3四半期に発売する。全世界的にプラスチックに対する使用規制が強化される状況で、韓国代表の化学企業がともに親環境素材市場の攻略に乗り出した。

コーロンインダストリー(KOLON Industries)とSK総合化学は7日、ソウル市鍾路区のSK瑞麟ビルで「親環境生分解性プラスチック(PBAT)」製品の事業化のための戦略的パートナーシップ」を開催した。PBATはトウモロコシやサトウキビなどの植物を基盤にする「バイオプラスチック」とは異なり、石油をベースにした生分解プラスチックだ。普通のプラスチックは地面に埋めたときに100年以上腐らずに残って環境に悪影響を及ぼすが、PBATは6ヶ月以内に90%以上が自然分解される。

価格は汎用プラスチックに比べて2~3倍高くなるが、さいきんは環境に対する関心が高まり需要が増える傾向にある。昨年のPBAT価格はトン当たり200万~300万ウォン線だったが、今年の初めから需要が急増して市場ではトン当たり400万ウォン線で取引されている。

業界によると、世界的なPBATの市場規模は2020年の22万トンから、2025年には80万トン規模に拡大すると予想される。昨年の平均価格で計算すると、5500億ウォンの市場規模が2兆ウォンまで拡大されるわけだ。有名なフランチャイズコーヒー専門店で使用されるプラスチックスプーンやフォークなどはほとんどがPBAT素材だ。韓国でも中小企業を中心に一部が生産されているが量が多くなく、原料をほとんど中国から取り寄せている。

両社は昨年からPBATの共同開発を進めてきた。今回の協約にもとづいて今年の上半期中に試作品を生産し、共同で特許出願を完了するという計画だ。早ければ今年の第3四半期から製品の商業化に乗り出す。 2023年までコーロンインダストリーの設備で年産1000~2000トンほどを生産した後、2023年からは生産規模を年産5万トンにまで増やす。 SK総合化学はPBATの主原料を安定的に供給して、後工程を担当する。

コーロンインダストリーのチャン・フィグ代表は「両社が協業して進出するPBAT事業はESG(環境・責任・透明経営)経営の一環であり、コーロンインダストリーは今後も持続可能な明日を開いていく親環境企業になるつもり」だと述べた。ナ・ギョンスSK総合化学社長は「SK総合化学はコーロンインダストリーとの協力を通じて、生分解性プラスチック市場で競争力を確保し、親環境プラスチックの循環系を迅速に構築していくつもり」だと強調した。

[ウォン・ホソプ記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

코오롱·SK, 자연분해되는 플라스틱 함께 만든다

파트너십 맺고 3분기 첫 출시
SK종합화학이 원료 안정공급
코오롱인더가 제품 개발·생산


코오롱인더스트리와 SK종합화학이 독자 기술을 활용해 생분해되는 친환경 플라스틱 제품을 이르면 올해 3분기 출시한다. 전 세계적으로 플라스틱 사용 규제가 강화되고 있는 상황에서 한국 대표 화학기업들이 함께 친환경 소재 시장 공략에 나선 것이다.코오롱인더스트리와 SK종합화학은 7일 서울 종로구 SK서린빌딩에서 친환경 생분해성 플라스틱의 일종인 `석유기반 생분해 플라스틱(PBAT)` 사업화를 위한 전략적 파트너십을 개최했다. PBAT는 옥수수나 사탕수수와 같은 식물을 기반으로 만드는 `바이오 플라스틱`과 달리 석유를 기반으로 만든 생분해 플라스틱이다. 일반 플라스틱은..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース