MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
10月 27日 ソウル 12.0℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
35日後、宇宙に...韓、独自開発「ヌリ号」が新しい歴史を書く
記事入力 2021-09-16 17:45 | 記事修正 2021-09-23 15:40:44
10年の開発を経て最初の韓国型発射体「ヌリ豪」(KSLV-Ⅱ)が空に飛び上がる日が35日後に迫った。去る8月に打ち上げ前の最終点検を終えヌリ号は、来月21日に全羅南道高興郡の羅老(ナロ)宇宙センターの発射台から飛び立つ日を待ちながら組み立てを終え待機している。 1段目と2段目のロケットの分離を経て10分あまりの飛行の末に、1.5トン積みの模擬衛星を600~800キロメートル上空の地球低軌道に上げると発射は成功する。

ヌリ号の発射に成功すれば、韓国は米・露・仏(ヨーロッパ)、日本と中国に次いで7番目に独自の宇宙輸送能力を確保した国家になる。わが国に先立ち、イスラエルとイランや北韓が発射体を打ち上げたが、すべて300キログラム以下の小型衛星の打ち上げ能力を保有するレベルで、1トン以上の衛星の打ち上げは不可能だ。

ヌリ号は総3段で構成されたが、1段目のロケットは全体で75トン級のエンジン試験発射体を4基束ねた形態を帯びている。高度59キロメートルで1段目のロケットが分離されて海に落ちると、75トン級の2段ロケットに点火されて高度258キロメートルまで上がり、その後に2段ロケットが分離されて落ちると7トン級の第3段ロケットに点火される。 3段ロケットは高度700キロメートル上空で、搭載された衛星をおろすことになる。

75トン級エンジン4基を束ねた1段ロケットの力は300トン級で、重さ1.5トンに達する中型自動車200台を一度にあげられる。このように複数のエンジンを一つにまとめる技術を「クラスタリング」と呼ぶ。ロケットが異常なく大気を突き抜けていくには、4つのエンジンが同じ力で同時に動作しなければならない。 1段目のロケットが燃焼するときに発生する火炎の温度は3500度まで上がるが、この力を受けるとヌリ号は時速2万4840㎞で空に上がる。一般旅客機の速度(時速900㎞)の3倍に近い。

建国大学航空宇宙工学科のイ・チャンジン教授は「発射体は宇宙開発で最も重要な分野だが、技術移転できないようになっており、事実上は先進国の技術の助けなし独自に研究開発(R&D)しなければならない」とし、「比較的開発に長い時間がかかるしかないが、独自開発で衛星の自力発射が可能となったことが大きな意味」だと強調した。

KAIST航空宇宙工学科のアン・ジェミョン教授は「発射体は唯一で地球と宇宙をつなぐ交通手段であるため、独自のロケットを開発することは宇宙産業のための出発点」だとし、「安全保障に敏感な外国の発射体を使用することが困難なミッションがあるときや、類似の状況で私たちが直接行うことができるというメリットもある」と説明した。

韓国は2013年、2段で構成された宇宙発射体「ナロ号(KSLV-Ⅰ)」の打ち上げに成功したが、ロケットの核心と呼ばれる1段目のロケットはロシア製を使用した。 1段ロケットは強力な推進力で発射体が大気を突破するために大きな影響を与えるが、ナロ号の打ち上げ当時は1段目ロケットにロシア製を使用して、衛星が搭載された8トン級の第2段ロケットだけが韓国の研究グループが開発し、「中途半端」という非難を受けた。

発射体の総合組立棟ですべての組み立てが完了したヌリ号は、打ち上げ前日の10月21日に発射台に移送される。

温度と風などの天候によって、ヌリ号の発射が変更される余地はある。ヌリ号が発射されるためには、発射軌跡20キロメートル半径内に落雷が発生してはならない。コロナ19の変数も無視できない。発射を運営する人材がコロナ19の確定判定を受けた場合、発射はオールストップだ。

ヌリ号の初の打ち上げに成功するかを速断することは難しい。韓国航空宇宙研究院によると、ここ10年間のロケット打ち上げ948件の中の54件(6%)は失敗した。

現在までに、新たに開発した発射体の最初の打ち上げ成功率は30%水準だ。ナロ号も2回の失敗と4回の延期の末に打ち上げに成功した。

ヌリ号の発射は大きな意味を持つが、これは新たな挑戦の始まりに過ぎない。すでに世界では複数回の再使用が可能な再使用発射体をはじめ、多くの先進的な技術を保有している。一例として、テスラ創業者でもあるイーロン・マスク氏の宇宙企業「スペースX」の発射体である「ファルコン9」は、2018年に初めて発射体の再使用に成功し、今年は同じ発射体を10回再利用する記録を立てた。ヨーロッパと日本も、再利用ロケット開発の最終段階にある。

韓国の現在の発射体の技術水準は、技術先導国である米国に比べて60%水準で、ヌリ号発射に成功すると70%の水準に上がることが期待される。

科学界は、一刻を争うがまだヌリ号の後続発射体の開発計画が決まっていない点に懸念を提起する。ヌリ号の開発で確保したロケット技術を土台に、後続の発射体を開発していかなければならないが、6月の予備妥当性調査を通過しなかった。反復発射は予備妥当性調査を通過したが、改良型産業は予備妥当性調査の壁を越えることができなかった。

科学技術情報通信部のクォン・ヒョンジュン巨大公共研究政策官は、「10年後の開発を目指して進めるべきだが固体発射体など、韓米ミサイル指針廃棄後に可能になったさまざまな考慮事項が反映されておらず、再び計画する必要がある」と明らかにした。しかし研究の現場では、机上の空論よりも一日早く開発に乗り出すことが先だとの声が大きい。

チョ・グァンレ前航宇研院長は「韓米ミサイル指針の解除は固体燃料の制限が解かれものであり、これとは別にヌリ号をはじめとする液体エンジンに対する研究は継続されるべき」だとし、「わが国が持っているヌリ号の液体エンジンが世界最高水準の技術ではないだけに、今後も長い道のりだ」と明らかにした。

[イ・セボム記者/イ・ジョンファ記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

35일후 우주로…韓 독자개발 `누리호` 새 역사 쓴다

고흥 나로우주센터서 조립
10월 21일 발사 대기중

성공땐 전세계 7번째로
우주수송 능력 확보국 영예
누리호 후속과제 고민해야


10년의 개발을 거친 첫 한국형 발사체 누리호(KSLV-Ⅱ)가 하늘을 날아오를 날이 35일 앞으로 다가왔다. 지난 8월 발사 전 최종 점검을 마친 누리호는 다음달 21일 전남 고흥군 나로우주센터 발사대에서 날아오를 날을 기다리며 조립을 마치고 대기하고 있다. 1단과 2단 로켓 분리를 거쳐 10분여 비행 끝에 1.5t짜리 모의 위성을 600~800㎞ 상공의 지구 저궤도에 올리면 발사는 성공한다.누리호 발사에 성공하면 한국은 미국, 러시아, 프랑스(유럽), 일본, 중국에 이어 7번째로 독자적인 우주 수송 능력을 확보한 국가가 된다. 우리나라에 앞서 이스라엘, 이란, 북한이 발사체를 쏘아 올리..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース