MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
10月 27日 ソウル 12.0℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
サムスン電子「車両半導体にも5ナノプロセスを活用」
記事入力 2021-10-07 17:34 | 記事修正 2021-10-12 16:38:19
来年の上半期に3㎚(ナノメートル/1㎚は10億分の1メートル)で、2025年には2ナノ半導体の量産を通じてファウンドリ(半導体受託生産)業界における微細工程の主導権を握ると宣言したサムスン電子は、車両用半導体分野でも超微細工程を積極的に活用すると発表した。

サムスン電子ファウンドリ事業部のチェ・シヨン部長(社長)は去る7日に開かれた「サムスンファウンドリフォーラム2021」の基調講演で、「車両用半導体に活用される5ナノ工程も、積極的に開発している」と明らかにした。チェ社長はこの日の基調演説で、「モバイルとHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)だけでなく、車両用の半導体領域でも顧客のニーズに合わせたファウンドリサービスを強化していく」と強調した。続いて「サムスンは将来に備えて多様に活用できる工程を開発中であり、その中には車載アプリケーションプロセッサ(AP)など、高性能・超低消費電力の応用分野が含まれるだろう」と述べた。

サムスン電子は車両用半導体を、非メモリー事業の有望事業のひとつとにらんで育てている。業界によると、サムスン電子のファウンドリー事業部は米テスラ社のモデルSとモデルXに採用された自律走行チップを米テキサス州オースティン工場で生産して供給しており、サムスン電子システムLSI事業部が独アウディと独フォルクスワーゲンなどに供給している車載用AP「エクシノス・オート(Exynos Auto)」もまた受託生産している。

チェ社長は車載用半導体プラットフォームのための統合ソリューションを提供し、顧客社が競争力のある技術を開発してより迅速に出荷できるように支援することを明らかにした。 ISO 26262(自動車用機能安定規格)とAEC-Q100(自動車部品の信頼性評価規格)の認証をすべて満たした安全保安ソリューションも用意していると強調した。

[ノ・ヒョン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

삼성 "車반도체에 5나노 공정 활용"

최시영 사장, 포럼 연설서 밝혀
車반도체용 통합 솔루션도 준비


내년 상반기 3나노(나노미터·1㎚는 10억분의 1m), 2025년에는 2나노 반도체 양산을 통해 파운드리(반도체 위탁생산) 업계의 미세공정 주도권을 쥐겠다고 선언한 삼성전자가 차량용 반도체 분야에서도 초미세 공정을 적극 활용하겠다고 밝혔다. 최시영 삼성전자 파운드리사업부장(사장)은 지난 7일 열린 `삼성 파운드리 포럼 2021` 기조연설에서 "차량용 반도체에 활용될 5나노 공정도 적극적으로 개발하고 있다"면서 이같이 밝혔다. 최 사장은 이날 기조연설에서 "모바일과 HPC(고성능 컴퓨팅)뿐만 아니라 차량용 반도체 영역에서도 고객사 요구에 맞춘 파운드리 서비스를 강화해 나갈 것..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース