MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
1月 19日 ソウル -6.7℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
SKファームテコ、遺伝子治療薬の受託生産事業に進出
記事入力 2022-01-11 17:26 | 記事修正 2022-01-13 15:59:40
SKファームテコ(SK pharmteco)は合成原料医薬品の受託製造(CDMO)事業の安定した成果を土台に、細胞・遺伝子治療剤市場に積極的に進出すると明らかにした。未来の成長動力を先取りし、3年以内に売上げ2兆ウォン台の企業に生まれ変わるという計画だ。

SKファームテコは去る10日(現地時間)に開かれた第40回JPモーガンヘルスケアカンファレンスで、未来成長戦略が盛り込まれた「ビジョン2025」戦略を発表した。

同社は原料医薬品と細胞遺伝子治療剤の受託製造専門子会社を手掛けた持株会社だ。 2019年にSKのCDMOグローバル持株会社として発足したSKファームテコは、SKバイオテックをはじめ、米ブリストルマイヤーズスクイブ(BMS)のアイルランド・スウォーズ工場、米アンパック(AMPAC)、仏イポスケシ(Yposkesi)などを買収して子会社として抱えている。

現在、米国と欧州およびアジアに8カ所の生産施設と5カ所の研究開発(R&D)センターを保有するグローバルCDMOに発展し、抗がん剤や糖尿、抗ウイルス、そしてコロナ19治療剤などの多様なブロックバスター原料医薬品を生産している。

この日に発表を進めたSKファームテコのアスラム・マリック社長は「2021年の暫定売上げは約8830億ウォンで、2017年と比較して約7.5倍も増加した驚くべき成長を見せた」とし、「持続的な成長傾向にある合成原料医薬品CDMO事業に加え、セル・遺伝子治療剤事業を新成長動力とし、2025年には売上げ約2兆4000億ウォンのCDMO企業に跳躍する」と明らかにした。イ・ドンフンSKバイオ投資センター長は「今後は先進国内で水準の高い生産能力を保有したSKファームテコが、グローバル業界で有利な位置を占めることになるだろう」と語った。

SKファームテコは持続的な投資を通じて、グローバルな生産施設の規模を現在の約1千立方メートルから、2025年までに50%増やすという計画だ。また、SKファームテコは今年はフリーIPO(上場前投資誘致)を推進し、企業公開計画を具体化していくという目標だ。

[ハン・ジェボム記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

SK팜테코 "3년내 매출 2조"…유전자약 CDMO 진출 선언

JP모건 콘퍼런스서 비전 발표
기업공개 계획도 곧 구체화


SK팜테코가 합성 원료의약품 위탁개발생산(CDMO) 사업의 안정적인 성과를 바탕으로 세포·유전자 치료제 시장에 적극 진출하겠다고 밝혔다. 미래 성장동력을 선점해 3년 내에 매출 2조원대 기업으로 거듭나겠다는 계획이다.SK팜테코는 10일(현지시간) 열린 제40회 JP모건 헬스케어 콘퍼런스에서 미래 성장 전략이 담긴 `비전 2025` 전략을 발표했다.이 회사는 원료의약품 CDMO와 세포 유전자 치료제 CDMO 전문 자회사를 거느린 지주회사다. 2019년 SK의 CDMO 글로벌 지주사로 출범한 SK팜테코는 SK바이오텍을 비롯해 브리스톨 마이어스 스퀴브(BMS)의 아일랜드 스워즈 공장, 미국 앰팩(A..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース