MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 04日 ソウル -0.2℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
韓国の消費者物価、10月に5.7%上昇 3か月連続5%台
記事入力 2022-11-02 08:27 | 記事修正 2022-11-02 16:36:42
国際原材料価格急騰の影響で先月の韓国の消費者物価が3か月連続で5%台の上昇を記録した。6~7月の6%台の高物価状況に比べては多少低くなったが、生活必需品の物価は依然として高く、電気・ガスなど公共料金の引き上げが重なって庶民の負担が続いている。

2日、韓国の統計庁によると10月の消費者物価指数は109.21(2020年100基準)で、前年同期比5.7%上昇した。消費者物価は6月6.0%、7月6.3%と、1998年の通貨危機以来の最高値まで急騰した後、8月5.7%、9月5.6%と鈍化したが3か月ぶりに上昇に転じた。

石油類が10.7%、加工食品は9.5%上昇するなど工業製品が6.3%上昇した。ただし石油類は6月に39.6%まで急騰した後、7月35.1%、8月19.7%、9月16.6%へと徐々に鈍化している。農畜水産物も5.2%上昇し、前月(6.2%)より上昇率が低くなった。

先月、電気・ガス料金値上げの影響で電気・ガス・水道は23.1%上がり、統計作成が始まった2010年1月以来最も高い水準を記録した。全体物価における電気・ガス・水道料金が占める寄与度は9月の0.48%ポイントから10月0.77%ポイントに上がった。

外食が8.9%、外食以外の個人サービスが4.6%それぞれ上昇し、個人サービスの上昇率は前月(6.4%)と同じ6.4%を記録した。1998年4月(6.6%)以来、最も高い水準を維持した。

物価の基調的流れを示す根源物価(農産物と石油類を除いた指数)は4.8%上昇し前月(4.5%)より上昇幅が大きくなった。庶民の体感物価指標である生活物価指数は6.5%上昇し、前月の上昇率(6.5%)と同じだった。

統計庁のオ・ウンソン経済動向統計審議官は「石油類などの工業製品と農畜水産物の価格は上昇傾向が鈍化したが、電気・水道・ガスの上昇傾向が拡大し上昇幅が拡大した」とし「(物価上昇率が)6%台に上がることはないと期待している状況なので(7月が)頂点である可能性がある」と話した。

[キム・ジョンファン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。



プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース