MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
7月 26日 ソウル 30.3℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
斗山重工、米国で小型モジュール原発業に追加投資
記事入力 2021-07-20 17:41 | 記事修正 2021-07-23 09:38:06
政府の脱原子力発電政策の推進で国内の原発ビジネスに直撃を受けた斗山重工業は、海外で小型モジュール原発(SMR)事業に集中している。 SMRは300メガワット以下の出力を出す小型原発で、事故が発生しても放射能漏れの危険が既存の大型原発に比べて大幅に少ないことが知られている。

斗山重工業は20日、米国の原子力発電の専門企業であるNuScale Power(ニュースケールパワー)と6000万ドル規模の追加の株式投資協約を結んだと発表した。京畿道盆唐の斗山タワーで開かれた協約式にはパク・チウォン斗山重工業会長とニュースケールパワーのジョン・ホプキンス会長が出席した。 2019年斗山重工業は国内投資家と一緒にニュースケールパワーに4400万ドルの株式投資を行った。今回の協約によって、総投資額は1億ドルを上回ることになった。

これとともに、斗山重工業は既存の確保分を含めて機材供給量を数兆ウォン規模にまで拡大することになった。またSMRを活用した水素・淡水の生産分野にまで協力を広げることにした。パク会長は「追加投資を通じてニュースケールパワーと戦略的協力関係をさらに確固たるものにすることができるようになった」とし、「ニュースケールパワーで確保した供給量は、国内パートナーにも役立つだろう」と語った。

斗山重工業のSMR関連での最初の受注は、米国の発電企業UAMPSがアイダホ州に推進しているプロジェクトになる見通しだ。 UAMPSは2023年に米国原子力規制委員会(NRC)にSMRの建設・運営許可を申請して2025年までに許可を取得し、2029年に商業運転を開始することを目指してプロジェクトを進めている。これと関連し、ホプキンス会長は「数年内にアイダホ国立研究所の敷地に最初のSMRを建設するにあたり、斗山の原発機器製作の専門知識は非常に重要だ」と強調した。

ニュースケールパワーのSMRは1基当たり77メガワットの原子炉モジュールを最大12台設置し、計924メガワットの電力を生産することができる。ニュースケールパワーは米国へのSMR初渡し機を成功裏に構築し、北米・ヨーロッパとアジアなどの世界のSMR市場に進出する計画だ。斗山重工業は2019年ニュースケールパワーから原子炉モジュールに対する製作検討を受注し、今年1月に完了して現在は試作品を製作している。

[イ・ユソプ記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

해외서 먹거리 찾는 두산重, 美 소형원전기업 추가투자

누스케일파워社와 협약
6천만달러 지분 더 매입


정부의 탈(脫)원자력발전 정책 추진으로 국내 원전 비즈니스에 직격탄을 맞은 두산중공업이 해외 소형모듈원전(SMR) 사업에 집중하고 있다. SMR는 300㎿ 이하 출력을 내는 소형 원전으로 사고가 발생해도 방사능 유출 위험이 기존 대형 원전에 비해 현저히 적은 것으로 알려져 있다.두산중공업은 20일 미국 원자력발전 전문기업인 누스케일파워와 6000만달러 규모 추가 지분 투자 협약을 맺었다고 밝혔다. 경기도 분당두산타워에서 열린 협약식에는 박지원 두산중공업 회장과 존 홉킨스 누스케일 회장이 참석했다. 2019년 두산중공업은 국내 투자자들과 함께 누스케일에 4400만달러 지분..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース