MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
10月 05日 ソウル 18.9℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
韓国で水素自動車への関心薄まる 普及目標を満たせず
記事入力 2022-08-08 17:23 | 記事修正 2022-08-09 16:26:21
韓国の水素自動車の普及速度が今年に入って停滞している。業界は新車の発売遅延と充電スタンド不足が重なり、水素自動車が消費者の関心から遠ざかっていると分析している。

8日、環境部の無公害車統合ホームページによると今年、全国で乗用水素自動車(ネッソ)の普及計画を立てた地方自治体120か所のうち49か所が目標物量の半分も満たしていないことが分かった。全体自治体の約40%が水素自動車の普及に苦労しているのだ。大邱(テグ)の場合、今年の普及目標は400台だが、残りの物量は315台にもなる。江原道(カンウォンド)春川市(チュンチョンシ)も295台を普及するという目標を立てたが、まだ193台も出庫されていない。

首都圏も状況は似ている。ソウルの水素自動車の普及目標は今年500台だが、半分を少し超える265台だけが補助金の支給を受けた。京畿道(キョンギド)水原市(スウォンシ)、城南市(ソンナムシ)、議政府市(ウィジョンブシ)も目標物量の半分を満たせなかった。昨年、ソウル市の水素自動車補助金が5か月ぶりに底をついたのと比べれば、状況が一変したわけだ。車両の半導体不足で新車出庫に6か月~1年6か月がかかっているが、ネッソの出庫待機期間は2か月に過ぎない。ある業界関係者は「1年以上待たなければならない電気自動車に比べると、水素自動車の人気が相対的に減っているもの」と伝えた。

実際、昨年の四半期別販売台数が前年同期比30~40%近く増加したネッソの今年1~7月の国内販売台数は5458台だ。前年同期比11%増に止まったのだ。結局、政府は今年5月、今年の水素自動車の普及目標を従来の2万7650台から1万7650台へと大幅に引き下げ、予算も2200億ウォンほど縮小した。

[ウォン・ホソプ記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

수소차 보급목표 지자체 5곳중 2곳 못채워

승용차 모델 `넥쏘` 1개뿐
충전 인프라도 절대 부족
판매량·수출량 빠르게 감소

수소차 보조금 예산 남아돌아
전기차 보조금은 없어서 못줘


국내 수소차 보급 속도가 올해 들어 주춤하고 있다. 업계는 신차 출시 지연과 충전소 부족이 겹치면서 수소차가 소비자들의 관심에서 멀어지고 있다고 분석하고 있다. 8일 환경부의 무공해차 통합누리집에 따르면 올해 전국에서 승용 수소차(넥쏘) 보급 계획을 세운 지방자치단체 120곳 중 49곳이 목표 물량의 절반도 채우지 못한 것으로 나타났다. 전체 지자체의 약 40%가 수소차 보급에 애를 먹고 있는 것이다. 대구의 경우 올해 보급 목표는 400대인데 잔여 물량은 315대나 된다. 강원도 춘천시도 295대를 보급한다는 목표를 세웠지만 아직 193대나 출고되지 않았다.수도권도 상황은 ..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース