MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
7月 26日 ソウル 30.3℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
チョン・ジヒョン「ゾンビでも演じたかった」...『キングダム』でカムバック
記事入力 2021-07-20 17:00 | 記事修正 2021-07-23 09:37:33
「『キングダム』はゾンビ役でも出演したかったので、大きなチャンスが与えられて本当に光栄でした」。

Netflix (ネットフリックス)のドラマ『キングダム』のスペシャルエピソード「アシンの物語」の主演俳優のチョン・ジヒョン氏は、自分がこのシリーズの最大のファンであることを自負した。

20日にオンラインで開かれた『キングダム: アシンの物語』の制作発表会に参加したチョン・ジヒョンは「シーズン2のエンディングに登場した時、周りでは君がなぜそこで出てくるのというような反応が多かった」としながら、「シリーズのすべての物語の始まりを私ならできるという考えですごく興奮した」と語った。

キングダムは韓国型ゾンビものの新しい転機を開いた作品として評価される。朝鮮時代を背景にゾンビという西欧概念を導入し、世界中のファン層から注目を浴びた。米国では韓国の両班たちが使う「カッ(冠)」がオンライン市場で販売されたほどだ。

今回の『アシンの物語』は人をゾンビに変化させる「生死草」の起源を暴く。俳優チョン・ジヒョンが演じたアシンは、韓半島の北の境界で蔑視と冷遇を受けるが、「生死草」の秘密に最も近い人物だ。

この日の懇談会に出席した作家のキム・ウニ氏は「四郡六鎮という地域は100年近く人の出入りを厳禁したという記録があった。そこで生死草が咲いたならどんなことが起きるかと思って執筆を開始した」と語った。同氏は「映画『暗殺 Assassination』や『ベルリンファイル』で闇を秘めたキャラクターを演じたチョン・ジヒョンが痛みを秘めた武者アシンにふさわしいと思った」とキャスティングの背景を説明した。

主演のチョン・ジヒョンはアシン役を得て再びアクションに乗り出す。 『暗殺』で銃を持つ独立運動家だったチョン・ジヒョンは、今度は弓を手に取った。チョン・ジヒョンは「俳優が身体を管理するのはそれほど自慢することではないけれど、60・70代はアクションシーンはできないだろうという考えはない」とし、「今回は弓を射る練習を本当にたくさんした」と笑った。

『キングダム: アシンの物語』は、来る23日にネットフリックスで世界190カ国に公開される。

[カン・ヨンウン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

"좀비라도 하고 싶었어요"…`킹덤`과 함께 돌아온 전지현

`아신전` 23일 넷플릭스 공개
영화 `암살` 이후 액션 도전


"`킹덤` 좀비 역할이라도 출연하고 싶었는데, 큰 기회가 주어져 정말 영광이었죠."넷플릭스 드라마 `킹덤`의 스페셜 에피소드 `아신전`의 주연 배우 전지현은 자신이 이 시리즈의 가장 큰 팬임을 자처했다. 20일 온라인으로 열린 `킹덤: 아신전` 제작발표회에 참가한 그는 "시즌2 엔딩에 등장했을 때 주변에서 `네가 왜 거기서 나오냐`고 하더라는 반응이 많았다"면서 "시리즈 모든 이야기의 시작을 내가 할 수 있다는 생각에 몹시 흥분됐다"고 말했다. 킹덤은 한국형 좀비물의 새로운 전기를 연 작품으로 평가받는다. 조선시대를 배경으로 좀비라는 서구 개념을 도입해 전 세계 팬덤에게..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース