MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
5月 18日 ソウル 21.1℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
文大統領「世界8番目の快挙...航空産業の歴史的里程標」
記事入力 2021-04-09 17:27 | 記事修正 2021-04-13 14:54:44
文在寅(ムン・ヂェイン)大統領は去る9日、韓国型次世代戦闘機を初めて公開したことと関連し「世界8番目の快挙」とし、「自主国防の新しい時代が開かれ、航空産業の発展の歴史的な節目を立てた」と述べた。

この日、ムン大統領は慶尚南道泗川市の韓国航空宇宙産業(KAI)工場で行われた「KF-21ポラメ1号試作機出庫式」に出席し、「わが国も私たちの手で作られた最先端超音速戦闘機を持つことになった」と述べた。 KF-21が飛行試験などを終えて本格量産に入ると、空軍の主力戦闘機として2028年までに40機が、2032年までに120機が実戦配備される予定だ。

ムン大統領は「韓国型先端戦闘機の開発に成功は自主国防力の強化だけでなく、経済的にも多大な効果をもたらす」とし、「本格的な量産に入ると雇用10万が追加で生じ、5兆9000億ウォンに達する付加価値が創出されるだろう」と予想した。

続いて「航空産業は参入障壁が非常に高い」とし、「これまで少数の世界のトップ国だけが育成できた、代表的な高付加価値の先進国型知識基盤産業」だと述べた。また「わが国もいよいよ追いついた」とし、「基本訓練機や高等訓練機と軽戦闘機に続いて最先端戦闘機の開発まで、世界的な競争力を備えた」と強調した。先だって先月末、宇宙戦略報告会を通じて2030年代の世界7大宇宙強国ビジョンを明らかにしたことに続き、航空産業の育成に対する信号弾を打ち上げたものだ。

「KF-21ポラメ(鷹)」は設計から製造まで、韓国の技術陣主導で開発された国産戦闘機だ。 2001年、金大中政府で次世代国産戦闘機開発を本格化した後の20年ぶりに成し遂げた成果で、軍戦力の増強はもちろん、国内航空産業の発展の転機を整えたという評価だ。最大の武器開発事業であるKF-Xは、開発費8兆8000億ウォンを含めて総事業費18兆6000億ウォンを投入し、空軍の次世代戦闘機を開発する事業だ。

[イム・ソンヒョン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

文대통령 "세계 8번째 쾌거…항공산업 역사적 이정표"

`KF-21 보라매` 출고식 참석

10년 내 120대 실전배치


문재인 대통령이 9일 한국형 차세대 전투기를 처음 선보인 것과 관련해 "세계 8번째 쾌거"라며 "자주국방의 새로운 시대가 열리고 항공산업 발전의 역사적인 이정표를 세웠다"고 말했다. 이날 문 대통령은 경남 사천 한국항공우주산업(KAI) 공장에서 열린 KF-21 보라매 1호기 시제기 출고식에 참석해 "우리도 우리 손으로 만든 첨단 초음속 전투기를 갖게 됐다"며 이같이 말했다. KF-21이 비행시험 등을 마치고 본격 양산에 들어가면 공군의 주력 전투기로서 2028년까지 40대, 2032년까지 120대가 실전 배치될 예정이다. 문 대통령은 "한국형 첨단 전투기의 개발 성공은 자주 국방력 강화뿐..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース