MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
10月 27日 ソウル 12.4℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
SK、グリーンエネルギー分野を積極攻略...米企業と相次ぐ協力
記事入力 2021-10-08 15:58 | 記事修正 2021-10-12 16:38:37

崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長(右)が去る6日、ソウル市鍾路区のSK瑞麟ビルで米Plug Power(プラグパワー)社のアンドリュー・マーシュ最高経営責任者(CEO)に会って協力方案を議論した後、握手している。 [写真提供=SK]

崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長は、SKとの協力を強化している海外のグリーンエネルギー企業のCEOらと相次いで会談を行った。 ESG(環境・責任・透明経営)をグループの主な基調として強調しているチェ会長が炭素中立(カーボンニュートラル)を早急に達成するために、世界のグリーンエネルギーのリーダーとの連携を強化する動きだ。財界では今月の20~23日、京畿道利川市のSKMS研究所で開催されるSKグループCEOセミナーでも、カーボンニュートラルが主要な話題として取り上げられるとみている。

SKグループは7日、チェ会長は去る6日にソウル鍾路区のSK瑞麟ビルで、米国の水素エネルギー先導企業である米Plug Power(プラグパワー)社のアンドリュー・マーシュ代表とグリッド・ソリューション企業の米KCE(Key Capture Energy)のジェフ・ビショップ代表と相次いで会い、グリーンエネルギー分野での協力方案を議論したと明らかにした。

SKグループは昨年末、使用電力100%を再生可能エネルギーで賄うという「RE100」キャンペーンに国内企業では初めて加入するなど、カーボンニュートラルの歩みに速度を出している。今年6月の拡大経営会議では、ネットゼロ(Net Zero/カーボンニュートラル)の早期達成が重要話題として扱われた。

この日、チェ会長は「プラグパワーの水素核心技術とSKグループのエネルギーネットワークは、韓・米両国がネットゼロを早期に達成するところに相乗効果を出すことができるという点で意味が大きい」とし、「今後は両社が緊密に協力し、アジア地域の水素市場への進出に速度を出そう」と語った。チェ会長は続いて「SKグループの各関連会社はSKの経営哲学であるダブルボトムライン(DBL/企業の財務的価値と社会的価値)を実践するために、炭素低減数値などネットゼロ活動を測定している」とし、「ネットゼロ活動も測定してこそ発展させていくことができる」と強調した。マーシュ代表は「多くのアジア企業から協力の提案受けたが、このうちでSKグループが持っている信頼とネットワークを勘案して協力することになった」としながら、「両社の強みを前面に出して、アジア地域での水素生態系をともに作っていこう」と肯定的に回答した。

SKグループとプラグパワーはこの日、アジア市場への進出のための合弁会社設立を発表した。両社は2024年までに水素燃料電池と水電解装置など、水素事業の核心設備を大量生産できる「ギガファクトリーアンド研究開発センター(Giga Factory R&D Center)」を首都圏に建設し、ここで生産される設備でアジア水素市場の攻略に乗り出す予定だ。

チェ会長はKCEのビショップ代表との出会でいは、グリッド・ソリューションの重要性を強調した。グリッド・ソリューションとは、再生可能エネルギーの増加にともなう電力供給の変動を補完するために、エネルギー貯蔵装置(ESS)を活用する過程で人工知能(AI)技術を組み合わせ、電力供給を安定して維持する産業をいう。

チェ会長は「向後の再生可能エネルギーの普及のためには電力網の安定性確保が重要なだけに、グリッド・ソリューションはネットゼロを前倒しにする重要な技術」だとし、「KCEの力量とSKグループのAIおよびバッテリー技術を組み合わせたならば、米国1位のグリッド・ソリューション事業に成長する可能性は非常に高い」と強調した。

ビショップ代表は「KCEは米国のグリッド・ソリューション市場を開いた先導者であり、AI技術をESS基盤の電力取引きに成功裏に適用した最初の事業者」だとし、「SKグループと緊密に協力し、米国1位のグリッド・ソリューション事業に成長すると同時に、米国の炭素低減とネットゼロの実現に寄与するつもり」だと答えた。 SK E&Sは先月、KCEの株式95%を買収して経営権を確保した。

[イ・ユンジェ記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

그린플레이션 위기에…최태원 美기업 회동하며 "그린에너지 키우자"

美플러그파워·KCE CEO 만나

최 회장 "수소·그리드솔루션
탄소중립 앞당길 핵심 기술"

플러그파워와 합작법인 설립
아시아 수소시장 공동 진출

SK가 인수한 KCE CEO
"미국 시장서 1위로 키울것"

20일 이천서 SK CEO 세미나


최태원 SK그룹 회장이 SK와 협력을 강화하고 있는 해외 그린 에너지 CEO들과 잇단 회동을 가졌다. ESG(환경·책임·투명경영)를 그룹 주요 기조로 강조하고 있는 최 회장이 탄소중립을 조속히 달성하기 위해 전 세계 그린 에너지 리더들과의 연대를 강화하는 행보다. 재계에서는 이달 20~23일 경기도 이천 SKMS연구소에서 열리는 SK그룹 CEO세미나에서도 탄소중립이 주요 화두로 다뤄질 것으로 보고 있다. SK그룹은 최 회장이 지난 6일 서울 종로구 SK서린빌딩에서 미국 수소 에너지 선도기업인 플러그파워의 앤드루 J 마시 대표와 그리드솔루션 기업인 KCE(Key Capture Energy)의 제프 ..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース