MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
5月 18日 ソウル 22.6℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
斗山重、小型原発を活用したグリーン水素の製造を検討
記事入力 2021-05-03 17:16 | 記事修正 2021-05-06 15:10:07
斗山重工業は液化プラントと風力発電および小型原発(SMR)など、さまざまな方式の水素製造の推進に乗り出した。これに加えて、水素生産のための機材事業、水素利用のための水素ガスタービンにまで事業領域を拡大し、水素事業バリューチェーンの形成に乗り出すという腹案だ。

斗山重工業は3日、次世代原発である小型原発を活用したグリーン水素製造を検討していると明らかにした。これとともに、現在は済州島で風力発電を通じてグリーン水素の生産作業も並行している。

グリーン水素は水を電気分解(水電解)して作るなど、水素の生成過程で炭素排出のない「清浄水素」を意味する。

このようなグリーン水素の製造を中・長期目標にして、前段階のクリーン水素であるブルー水素も近いうちに量産に入る。

昌原本社で2022年に完成予定の水素液化プラントで、ブルー水素を生産・活用する予定だ。ブルー水素は水素の抽出時に発生する炭素を捕集・保存するなど、炭素排出を最小限に抑えて生産される水素だ。斗山重工業が保有する高効率二酸化炭素回収・活用・保存(CCUS)技術を適用して、ブルー水素を生産する計画だ。

[ハン・ウラム記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

두산重, 소형원전서 수소 생산 나선다

수소기자재·터빈 사업 다각화


두산중공업이 액화플랜트, 풍력발전, 소형원전(SMR) 등 다양한 방식의 수소 생산 추진에 나섰다. 이에 더해 수소 생산을 위한 기자재 사업, 수소 활용을 위한 수소가스 터빈까지 사업영역을 확장해 수소사업 밸류체인 형성에 나선다는 복안이다. 3일 두산중공업은 차세대 원전인 소형원전을 활용한 그린수소 생산을 검토 중이라고 밝혔다. 이와 함께 현재 제주도에서 풍력발전을 통해 그린수소 생산 작업도 병행 중이다.그린수소는 물을 전기분해(수전해)해 만드는 등 수소 생성 과정에서 탄소 배출이 없는 `청정수소`를 뜻한다. 이 같은 그린수소 생산을 중장기 목표로 삼고 전 단계 청정..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース