MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
10月 05日 ソウル 18.9℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
韓国、「小規模太陽光発電」乱立により大規模停電の懸念が高まる
記事入力 2022-09-19 18:00 | 記事修正 2022-09-20 18:14:03
電力当局の管理死角地帯にある小規模太陽光発電(別名ミニ太陽光)が文在寅(ムン・ジェイン)政府の時に雨後の筍の如く増え、「電力網大混乱」を引き起こす雷管になりかねないという憂慮が高まっている。前任の文在寅政府の急進的な再生可能エネルギー普及政策の余波により直近5年間で100キロワット未満の小規模太陽光発電は2倍以上急増した。

問題は小規模太陽光発電に対する管理・監督規定がなく、太陽光過剰生産により電力系統に問題が発生すれば適切な対処が難しいという点だ。電力系統の不安定性が大きくなればブラックアウト(大規模停電)事態が起こりかねない。

19日、電力統計情報システムによると全体太陽光発電(2万287メガワット)のうち、小規模太陽光発電の設備は28.7%を占めている。小規模太陽光発電の容量は2018年2358メガワットに過ぎなかったが、2021年5177メガワットまで増え5年間で2倍以上が増加した。

現在、小規模太陽光発電の総設備容量は原子力発電6基に迫る5843メガワットに達する。韓国電力公社は太陽光発電が急増したことを受け、来年10月から配電網を利用する100キロワット以上の太陽光発電に対して監視・制御を行うと明らかにした。

過剰生産で電力網に問題が生じる場合に出力制御など即刻措置を取るためだ。ただし100キロワット未満には費用効率化などを理由にこの要件を適用しなかった。

[ソン・グァンソプ記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

[단독] 文정부서 난립한 꼬마태양광, 대정전 부를수 있다는데

감독·제어 사각지대 놓인
100㎾ 미만 소규모 설비
5년간 2배로 빠르게 늘어


◆ 태양광 난립 후폭풍 ◆전력당국의 관리 사각지대에 있는 소규모(소형) 태양광발전이 문재인 정부 때 우후죽순으로 팽창하면서 `전력망 대혼란`을 야기하는 뇌관이 될 수 있다는 우려가 커지고 있다. 전임 문재인 정부의 급진적인 재생에너지 보급 정책 여파로 최근 5년간 100㎾ 미만의 소규모 태양광발전은 2배 이상 급증했다. 문제는 소규모 태양광발전에 대한 관리·감독 규정이 없어 태양광 과잉생산으로 전력계통에 문제가 발생하면 적절한 대처가 어렵다는 점이다. 전력계통의 불안정성이 커지면 블랙아웃(대정전) 사태가 벌어질 수 있다.19일 전력통계정보시스템에 따르면 전체 태..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース